Home > プラグイン Plugin > Contact Form 7 プラグイン(2)

Contact Form 7 プラグイン(2)

フォームメールのテストがOKでしたら、新しいフォームを作りましょう。

1.赤字の「新規追加」をクリックします。

2.「無題」をクリックすると、テキストを変更できるようになりますので、分かりやすい適当な名前に変更します。

3.デフォルトの「フォーム」の内容は以下のものですね。

<p><label>お名前 (必須)<br />
[text* your-name] </label></p>

<p><label>メールアドレス (必須)<br />
[email* your-email] </label></p>

<p><label>題名<br />
[text your-subject] </label></p>

<p><label>メッセージ本文<br />
[textarea your-message] </label></p>

<p>[submit "送信"]</p>

「text」と「email」の後についている「*」は入力必須項目であることを表しています。つまり、入力必須にしたい項目の後に「*」をつけるだけで記入しないと送信できないようにできます。「textarea*」とすれば、「Your Message」欄に何か書かないと送信できません。

4.「題名(your-subject)」は送信者に記入してもらうのでなく、固定しておくのが一般的ですから、ここはカットしてしまいましょう。

<p><label>お名前 (必須)<br />
[text* your-name] </label></p>

<p><label>メールアドレス (必須)<br />
[email* your-email] </label></p>

<p><label>メッセージ本文<br />
[textarea your-message] </label></p>

<p>[submit "送信"]</p>

5.「題名(your-subject)」を固定するには、「メール/件名:」の「[your-subject]」を「フォームメールより○○への問合せ」などのように変更します。

6.「メール/メッセージ本文:」は、デフォルトでは「[your-message]」となっています。このままではテスト送信でもお分かりのように、「[your-message]」欄に書かれた内容のみがメールで送られてきます。

7.メールの「from」欄に明記されますが「お名前」や「メールアドレス」もメールの本文に整理されて送られてくるほうが後々便利です。「メール/メッセージ本文:」を以下のようにしてみましょう。( [your-name] [your-email] [your-message] 以外は適当にアレンジして結構です)

●お名前:
[your-name]

●メールアドレス:
[your-email]

●メッセージ本文:
[your-message]

8.一番下までスクロールして「保存」ボタンを押します。

9.「新規追加」の前に新しいフォームが追加されました。また、「次のコードをコピーして投稿の本文中にペーストして下さい。」も追加されましたので、前回のテスト送信同様にテストしてみましょう。

10.なお、新しく作ったフォームを管理画面で変更・修正して保存し直すと、ブログ上にできているフォームの内容もそれに応じて変更・修正されます。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://3six.jp/wp/wp-trackback.php?p=65
Listed below are links to weblogs that reference
Contact Form 7 プラグイン(2) from WordPressでブログを作ろう

Home > プラグイン Plugin > Contact Form 7 プラグイン(2)

Page Top